いやまいったね!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやまいったね!

2人の娘を持つ30代パパがお送りするブログ。iPhone関連記事が多め。スマホ機種変更に関する情報や、iPhone便利機能、iPhone・Androidのオススメアプリの紹介など。たまに子育てネタも書いています。お問い合わせ・広告依頼などはiyamaittaneblg@gmail.comまでお願いします。

MENU

【建築費比較してみた】新国立競技場 vs 日本の建物・レジャースポット編

便利ネタ

新国立競技場問題。 

 

f:id:nikkiblog:20150729210646j:plain

※写真:新国立競技場イメージ(日本スポーツ振興センターより)

 

2012年イラク人女性建築家ザハ・ハディド氏の斬新なデザイン案が採用され1,300億円ほどで建設されることになっていました。

その後、2015年6月には総工費が2520億円とする計画の見直し案がとりまとめられました。

この総工費を巡り、新国立競技場の計画が白紙撤回されました。

今後どうなっていくのでしょうか?

 

この2520億円、巨額の工費だという声が多いですが、どの程度の額なのでしょう?

一般人の私には次元が違いすぎて想像すらできません…。

ということで、著名な建物・レジャースポットの建築にかかった金額と比較してみました。

著名な建物・レジャースポットの建築費用

東京ディズニーシー

f:id:nikkiblog:20150729212040j:plain

※写真:ディズニーリゾートHPより

 約3380億円

東京ディズニーランド

f:id:nikkiblog:20150729212043j:plain

※写真:ディズニーリゾートHPより

 約1581億円

スカイツリー

f:id:nikkiblog:20150729212046j:plain

※写真:スカイツリーHPより

 総事業費は約650億円

東京タワー

f:id:nikkiblog:20150729214844j:plain

※Naverまとめサイトより

 工費には当時のお金で約30億年

 昭和30年着工33年開業

六本木ヒルズ

f:id:nikkiblog:20150729215235j:plain

 総事業費は2700億円

東京ドーム

 f:id:nikkiblog:20150729215731j:plain

 約350億円

<スポンサードリンク>

 

まとめ

以上をグラフにしたのが以下になります。建築年度の関係もあるかとはおもいますが。

 

f:id:nikkiblog:20150729220721j:plain

新国立競技場高い!というよりは、六本木ヒルズスゲー!!という個人的な感想(笑)

そしてディズニーシーはすごいですね。ただ個人的な認識では、シーよりはランドのほうが人気があるイメージ。私はシーのほうが好きですがね。

 

とはいえ。やはり新国立競技場の2520億円は巨額ということには違いありません。

計画が白紙撤回された今。今後の計画案に注目です。

国民が納得するよいものを作ってほしいです。

そして2020年東京オリンピックを大成功におさめましょう!

国民の反発は期待のあらわれでもあります。