いやまいったね!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやまいったね!

2人の娘を持つ30代パパがお送りするブログ。iPhone関連記事が多め。スマホ機種変更に関する情報や、iPhone便利機能、iPhone・Androidのオススメアプリの紹介など。たまに子育てネタも書いています。お問い合わせ・広告依頼などはiyamaittaneblg@gmail.comまでお願いします。

MENU

車購入時のカーナビゲーション 純正?市販?種類・価格・機能 どれを選べばよいの?

f:id:nikkiblog:20150811215253j:plain

車を購入するときいろいろ悩むことが多いですよね。

車種はもちろん、車の色、オプションどうしよう等、予算の都合もありなかなか頭がいたいものです。

今回はその悩みの一つ、「カーナビゲーション」について書きたいと思います。

カーナビって何がいいの?どこで買うのが一番いいの?

車屋さんにまかせちゃって本当にいいの!?と思っている人も多いはず。

そんな方のお役に少しでもたてれば幸いです。

カーナビゲーションの選択肢

カーナビゲーション購入の際の選択肢として主に以下の3つが挙げられます。

  • 市販製品
  • メーカーオプション製品
  • ディーラーオプション製品

 

まずは市販製品。

イエローハットやオートバックス等、カー用品店で購入可能なカーナビゲーションが分類されます。

有名処ですと、Pioneer カロッツェリア(サイバーナビや楽ナビ)ですね。

車を購入した後などに、カー用品店に行き好みのカーナビゲーションを選び、取り付けるのが一般的です。

 

次に、メーカーオプション製品。

いわゆる「MOP」や「メーカー純正品」と言われるものです。

その名の通りメーカーの純正品で、車を組み立てる工場で取り付けられるカーナビゲーションとなります。工場で取り付けられる製品のため、後から(納車後等)メーカーオプションナビを付けたい、と言っても難しいものになります。

 

次に、ディーラーオプション製品。

いわゆる「DOP」や「販売店装着オプション」などと言われるものです。

メーカーオプションナビとは異なり、車を組み立てる工場では取り付けず、販売店(ディーラー)に購入車が到着後、取り付けられる製品となります。

そのため後付けも可能な製品となります。

 

それぞれをもう少し詳しく説明します。

<スポンサードリンク>

 

市販製品ナビ

おそらく一番馴染み深い(?)製品でしょうか。

イエローハットやオートバックス等、カー用品店で購入可能なカーナビゲーション。

代表的なものに、Pioneer カロッツェリアのサイバーナビや楽ナビがあります。

メリット・デメリットは以下。

メリット

  • 価格が安い(ピンキリ)
  • 種類が豊富(選択肢の幅が広い)
  • 高機能なものが多い
  • 飽きたら買い替えが可能
  • 自分で取り付けが可能

デメリット

  • 車両へのフィット感に不満(後付け感がでる)
  • 車両連携機能に弱い
  • 製品の保証が短い(?)

下の写真はパイオニア カロッツェリアのサイバーナビです。トヨタ アルファードへの装着写真。

f:id:nikkiblog:20150811222640j:plain

 

市販製品の良いところはやはり、最先端の機能を持つ製品が多数あることでしょうか。

例えばこのサイバーナビ、下の写真のように他のメーカーにはないおもしろい機能をもっています。

「ARスカウターモード」と呼ばれる機能です。カーナビゲーション上の案内画面に実際のリアルな映像を映した上で、さらに案内ルートを矢印表示(下写真の緑色)してくれるのです。我が家の車にもこのナビ搭載していますが、この機能いいです!

f:id:nikkiblog:20150811223457j:plain

 

そしていまいちな点として、アルファードへの取り付け写真からわかるように、車両へのフィット感はいまいちといった感じがします。もう少し画面が大きいほうがカッコいいですよね。そしていかにも後付け感がでていますね(取り付け面が少し出ているので、もう少しフラットになるとよいかも)。 

メーカーオプション製品ナビ

メーカーオプション、工場で車を造る段階で一緒に取り付けをするものです。

車購入時、ディーラーにてカーナビゲーションの取り付け有無を決めます。

メーカーオプションなので、その車専用のカーナビゲーション。たいていカーナビの種類も1つになります。

 

メリット・デメリットは以下。

メリット

  • 車両へのフィット感が抜群(とにかくカッコいい!)
  • 車両連携機能に強い
  • 製品の保証に強い
  • 操作性が良い(初心者でも扱いやすい)

デメリット

  • 価格が(かなり?)高い
  • 買い替えができない(同じ車に乗り続けている間は、ずっと同じナビ)
  • 自分で取り付けができない

写真は、メーカーオプション製品のカーナビゲーション装着写真。トヨタ クラウンの写真です。いやカッコいい!!f:id:nikkiblog:20150811225604p:plain

やはりなんといっても後付け間ゼロのこのフィット感が素晴らしい。

まさにこの車専用のナビという印象です。

機能も素晴らしいです。市販品のような最先端の機能というのはありませんが、通常使用では十分なほどの機能が搭載されています。

そしてメリットでも書きましたが、車両連携機能がすごいです。

f:id:nikkiblog:20150811225917p:plain

例えば上の写真。バック時の映像。トヨタのパノラミックビューモニタ(PVM)という機能。車両を上から見下ろしたような映像が表示されます。そしてバック時はハンドルを回した通り、車の動くラインを黄色線で示し、駐車をアシストしてくれます。

その他にも、エアコンの操作をナビゲーションを通して操作できたり、車両との連携が素晴らしいです。

 

そして難点は値段です。お金が許すのであれば、メーカーオプション製品一択ですが。。。

ディーラーオプション製品ナビ

車が工場で組みあがった後、(工場ではなく、近隣の購入店に車が輸送された後)ディーラーにて取り付けるナビです。メーカーオプション製品とは異なり、その車専用のナビではないため、フィット感はいまいちです。

種類はいくつかあり高機能のものから、カーナビをあまり操作したことがない人でも操作しやすいようなエントリーモデルもあります。

 

メリット・デメリットは以下。

メリット

  • 価格が安いのもある(ピンキリ)
  • 車両連携機能にまぁまぁ強い
  • 製品の保証に強い
  • 操作性が良い(初心者でも扱いやすい)

デメリット

  • 車両内装とデザインが合わない
  • 自分で取り付けが難しい(?)
  • 機能が物足りない

下の写真はディーラーオプションナビの装着写真。トヨタ クラウンへの装着写真。

先ほどのメーカーオプション製品と比べて、やはり車両との一体感は劣りますね。

ただし、車メーカーの製品に変わりはないため車との連携機能だったりは強かったりします。(前述の、バック時の補助線表示等)

f:id:nikkiblog:20150811230914p:plain

まとめ

以上が一般的に選択可能なカーナビゲーションになります。 ディーラーオプションナビやメーカーオプションナビは、車のカタログ等をみていろいろ勉強してみてください。 市販製品は、近隣のカー用品店でカタログを見たり実際に触ってみてください。 機能やデザイン、予算に応じ、ご自分にあったカーナビゲーションを見つけてカーライフを楽しんでください!

☆あわせて読みたい記事