いやまいったね!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやまいったね!

2人の娘を持つ30代パパがお送りするブログ。iPhone関連記事が多め。スマホ機種変更に関する情報や、iPhone便利機能、iPhone・Androidのオススメアプリの紹介など。たまに子育てネタも書いています。お問い合わせ・広告依頼などはiyamaittaneblg@gmail.comまでお願いします。

MENU

マインドマップで頭の中を整理!頭が固い人におすすめの思考整理ツール。

パソコン

f:id:nikkiblog:20150908000150j:plain

「マインドマップ」で頭の中でも整理しますか…。

わたしは頭が固いです。頭のなかだけで何かを考えるとすぐ混乱しよくわからなくなってしまいます( ;∀;)

もう少し物事を柔軟に考えられるようになりたい…。考える際の瞬発力もほしい今日この頃です。

と言ってもなかなか都合よく変われるわけでもありません。そんな頭が固いわたしが、物事を考えるときや頭の中を整理するときに使用しているツールが「マインドマップ」というもの。

マインドマップとは?

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。「マインドマップ」という呼称は、英国ThinkBuzan社が商標登録を管理している。
出展:Wikipedia

というように、頭の中で考えていることを目に見える形にしましょう!というツールです。単純だけど非常に使えますよ!

マインドマップで頭の中を整理

例えば、今度「自己紹介」をするんだけど何を話そうかな…。と悩む場面(さすがにわたしも社会人・しかも30代になると自己紹介で悩む、という事はそうそうありませんが)。

最初に○○話して、次に○○を話して、と頭の中で考えているといざ本番になると言葉が出てこない…。なんてこともあります。

そんな時はこんな感じ↓↓↓に考えていることを書き出してみましょう(自己紹介の内容は適当です…)。頭の中で考えていることをすべて文字に表してみます。

なんとなく内容が整理され、しかもイメージとしても残るので、実際に話す時にも言葉が出てきやすいです!
どうしても頭の中で考えると文章として作り上げてしまうので、このような形でキーワード単位でイメージ化すると良かったりします。
f:id:nikkiblog:20150902003056j:plain

マインドマップの書き方

まずは中央にキーワードを書きます。今回の場合は「自己紹介」ですね。そしてそこからキーワードを放射状につなげてきます。自己紹介と言ったら「名前」と「出身」と「趣味」と…、と思い当たるキーワードを書いてつなげていきます。さらにその一つ一つの項目について、キーワードをつなげていきます。「趣味」:じぶんの趣味は何かな~、と自分の好きなことをつらつらとつなげていきます。

こうしていくことで、一つのキーワードから芋づる式にどんどん回答や・考えが導かれていきます。頭の中だけで考えるより、出し損ねや・漏れが格段に減ります。

ブログの記事の構成検討にも

先の例では自己紹介でしたが、ブログの記事の内容や構成を考えるときにも使用できそうですね。

ブログ記事のメインテーマを一つ中央に配置します。それに沿って関連キーワード出しを行い、さらに深堀り出来そうな項目についてキーワードだしを行っていきます。

するとこれだけでブログの記事構成が少し見えてくる気がします(大項目・中項目・小項目といった感じに)!

わたしもそうですが、ブログ何書こうとかネタがなくて字数少ないな、等うまく考えられないという人は、一度マインドマップで頭の中を書き出し整理してみると良いかもしれません。新たなネタも出てきて字数が稼げるかもしれません(笑)

<スポンサーリンク>
 

仕事のトラブル対応にも…

もともとわたしがマインドマップを使用していたのは、仕事で起こったトラブルの再発防止検討の際です。

前述のように、まずは中央にトラブル内容を配置。そしてそのトラブルが発生したと考えられる全て要因の項目だしを行う(考えられるものすべてを挙げる)。さらにその一つ一つに関して深堀していき、なぜ?なぜ?と真因を明らかにしていくような感じです。「なぜなぜ分析」ですね。

このようなことを考える際にも、手軽に使えるツールなんです。

フリーソフトたくさんあります。

このマインドマップのフリーソフトはいろいろとあります。

わたしのオススメは「FreeMind」です。

osdn.jp

余計な機能がなく、使い方も単純でオススメです。他にも複数のフリーソフトを使ったことがありますが最終的にこれに落ち着きました。