いやまいったね!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやまいったね!

2人の娘を持つ30代パパがお送りするブログ。iPhone関連記事が多め。スマホ機種変更に関する情報や、iPhone便利機能、iPhone・Androidのオススメアプリの紹介など。たまに子育てネタも書いています。お問い合わせ・広告依頼などはiyamaittaneblg@gmail.comまでお願いします。

MENU

位置情報が埋め込まれた写真をSNSへ投稿するとどうなる?位置情報はダダ漏れ??それとも…

iPhone iPhone-便利な使い方 iPhone-トラブル パソコン 子育て

f:id:nikkiblog:20160619224218j:plain

先日、スマホカメラの位置情報をONにして撮影した写真から、撮影場所(自宅等)が簡単に特定できるよ、という記事を書きました。

スマホで撮影した写真からどうやって自宅等の撮影場所が特定できるのか?確認してみたけどこんな簡単にできるんだ…。 - いやまいったね!

では、位置情報ONにしたスマホカメラで撮影した写真を、TwitterやFacebook等のSNSへ投稿したらどうなるの!?やっぱり位置情報をONにしちゃってるからまずい??

というわけでちょっと確認してみましのでその結果をまとめてみたいと思います。

 スポンサーリンク
 

結論

主要なSNSは大丈夫そう。メール等で写真を添付するときは気を付けろ!!

です。では詳しく見ていきたいと思います。

(準備)位置情報付きの写真を撮影

実験のためにまずはスマホカメラの位置情報をONにして写真を撮影します。スマホカメラの位置情報をONにする方法は以下の通り(iPhoneの場合)

f:id:nikkiblog:20160610081354j:plain

f:id:nikkiblog:20160611224159j:plain

ではこの位置情報付きの写真をSNSへ投稿してみたいと思います。果たして位置情報はそのまま残るのでしょうか?それともしっかりと削除されているのでしょうか?

今回は、はてなブログ、LINE、Facebook、Twitter、Instagram、(SNSではありませんが)メール添付、の5通りで確認してみました。スマホ(iPhone)から各SNSへ投稿 → パソコンで画像をダウンロードして確認、という流れです。

では行きます。

各SNSへ写真を投稿して位置情報がどうなっているかを確認

ブログ(はてなブログ)

まずはブログ。ここではいつもお世話になっている「はてなブログ」で確認してみます。

▼こんな感じでテスト用のブログを作り写真を投稿。

f:id:nikkiblog:20160619063751p:plain

この投稿した画像をパソコンに保存して位置情報がどうなっているか確認していきます。位置情報の確認に使ったのは「F6 Exif」というフリーソフト。

ではどうなっているでしょう??

f:id:nikkiblog:20160619063849j:plain

▲このように、撮影日時や撮影したカメラの種類などの「撮影情報」は残っていました。しかし「位置情報」は残っていませんでした。

はてなブログでは画像投稿時に位置情報は削除されるようですね。

Facebook

続いて、Facebook。こんな感じでFacebookへ写真を投稿し、この写真をパソコンでダウンロードして確認してみます。投稿した写真からの情報でしょうか?赤線部分に"仙台市付近"という表示がされています。

f:id:nikkiblog:20160619063338p:plain

▼ダウンロードした画像を"F6 Exif"を使って開こうとしたらエラーになりました。違うソフトを使って再度確認してみます。

f:id:nikkiblog:20160619063346j:plain

f:id:nikkiblog:20160619064417j:plain
 ▲「Capture NX-D」というソフトで確認。位置情報は記録されていませんでした。さらに「はてなブログ」では残っていた、撮影情報もFacebookでは削除されていました。

Facebookでは画像投稿時に、位置情報(+さらに撮影情報まで)は削除されるようです。

LINE

今度はLINEです。LINEのトークで写真を送信し、この写真をダウンロードして確認。

f:id:nikkiblog:20160619064942j:plain

▼F6Exif で開いてみると、ご覧のとおりキレイさっぱり何も情報がのこっていませんでした。

f:id:nikkiblog:20160619065101j:plain

LINEでは写真投稿(送信)時に位置情報含めExif情報は全て削除されるようです。

Twitter

 こんどはTwitterです。同じように投稿し確認していきます。

f:id:nikkiblog:20160619063254p:plain

▼ F6Exifでは開けなかったのでCatureNX-Dで開いて確認しました。

f:id:nikkiblog:20160619073149p:plain

確認結果は、位置情報+撮影情報は記録されていません。Facebookの時と同じ結果ですね。

Twitterでは写真投稿時に、位置情報(+さらに撮影情報まで)は削除されるようです。

Instagram

続いてInstagramです。同じく位置情報付きの画像をInstagramへ投稿。

f:id:nikkiblog:20160619221127j:plain

f:id:nikkiblog:20160619221314p:plain

Instagramでもしっかりと撮影情報+位置情報が削除されていました。

Instagramでは写真投稿時に、位置情報(+さらに撮影情報まで)は削除されるようです。

メールに写真を添付

最後に、SNSではありませんが、位置情報付きの写真をメールで添付するとどうなるか?確認してみました。

▼このようにiPhoneからメールを送信。

f:id:nikkiblog:20160619215359j:plain

▼F6Exifで確認してみると…。

f:id:nikkiblog:20160619215458j:plain

撮影日時などの情報・位置情報等全てがそのまま残っていました!(メールだと撮影した写真をそのまま添付するだけなので当たり前と言えば当たり前かもしれませんが…)

メール添付では写真の位置情報(含めExif情報はすべて)は一切削除されません。

むやみに写真をメールで添付して送るのは控えたほうがよさそうですね。添付した写真から撮影場所等の情報が漏れてしまう可能性もありますので要注意です!

 スポンサーリンク
 

まとめ

 以下のSNSでは写真投稿時に、写真に埋め込まれた位置情報は自動で削除されました。

  • ぶろぐ(はてなブログ)
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • Instagram

※はてなブログでは、撮影日時・カメラ種類なので撮影情報は残ったままでした。はてなブログ以外ではExif情報は全て削除される。

但し、これらの結果は2016/6/12に確認した結果です。現時点では位置情報等は削除してくれていますが、今後(無いと思いますが)SNS側で「投稿した写真の位置情報を削除するのはやめます」なんてことになった場合はこの限りではありませんので単純に安心はできませんが…。

そして、メールに写真を添付した場合は写真に埋め込まれた位置情報はそのまま残っていました(削除はされない)。わたし自身、最近はメールで写真添付することがあまり無いので特に気にしてはいませんでしたが、改めて気を付けようと思いました(いい気付きになりました)。

危険なのは位置情報(Exif情報)付きの写真だけじゃない!

スマホで撮影した写真からどうやって自宅等の撮影場所が特定できるのか?確認してみたけどこんな簡単にできるんだ…。 - いやまいったね!

▲この記事のように、位置情報(Exif情報)付きの写真から(自宅等)撮影場所は驚くほど簡単に特定できてしまいます。ただ、本記事で書いたように現在のメジャーなSNSでは投稿した写真の位置情報は削除してくれるのでちょっと安心です…。

しかし、撮影場所を特定する手段は、写真に埋め込まれた位置情報(Exif情報)だけではありません。

写真に写っている建物等からその場所が特定される可能性もあります。特徴的な建物はもちろん、電信柱等には住所が書かれていることも多いです。また背景には何も映っていないと思っても、写真に写った人物の瞳に周りの建物が映りそこから場所が特定できてしまうこともあるようです。最近ではGoogleストリートビュー等もあり背景画像などから場所を特定するのも容易になってきているかもしれません。

このように、スマホカメラの位置情報をOFFにしたからと言って安心はできません。写真をSNSへ投稿する際はご注意を。