子育て 家事 掃除 生活

【良かった】ダイソンV7購入半年経過レビュー!V7とV8とV10はどれが良いかも考えてみた【口コミ】

ダイゾンV7口コミ

  icon-comments-o 2020.02.16 更新

本記事を書いたのが、2018年8月末。

ダイソンV7を購入したのが2018年2月なので、約2年くらい使用しています。

もちろん、現在もダイソンV7はバリバリ働いてくれています!

バッテリー持ち時間や吸引パワー、など今のところ問題無く満足しています。

 

当時からも少し価格も安くなっているようですし、さらに買いやすくなった良機種かなと思っています!

是非チェックしてみてください。

ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF
Dyson(ダイソン)

ダイソンV7を購入しました!

型式は「ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF」というやつ。

V7を購入する前は、6年くらい前のダイソンコードレス(型番忘れるほど古いやつ)を使ってました。

その時が初めてのダイソンで、ダイソンのコードレス掃除機すげー!と感動したのを覚えています。

 

というわけで、ダイソン以外の選択肢はないのでV7を購入したというわけです。

  • ダイソンのコードレス欲しい!
  • そろそろ買い換えたい!

というように、新しいダイソンに買い換えようか悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

※本記事を読み終わった頃には、ダイソンV7が欲しくなってることでしょう!

それでは紹介していきます。


【結論】ダイソンV7はコスパ最高なのでおすすめ

結論から言うと、ダイソンV7はおすすめです。

ダイソンV7はコスパ最高

  • 値段が安い!
  • 付属ノズルもたくさん
  • 吸引力も申し分無し
  • つまり、コスパ最高

 

それでは実際にV7が届いたので、開封・中身・機能を紹介していきます。

【口コミ】ダイソン掃除機コードレスV7 Fluffyを購入!

ダイソン掃除機コードレスV7 Fluffy のフローリング対応を購入

今回購入したのがこちら

ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF
Dyson(ダイソン)

今回購入したのは、フローリングに対応した「ソフトローラーヘッド」を搭載したものになります。

ダイソン掃除機コードレスV7 Fluffyを開封!

今回はAmazonで購入。

ダイソンV7が到着しました!ダンボールはでかいです。

ダイソンV7の内容物

ダイソンV7の同梱物

  • 保証書等
  • 本体
  • モーターヘッド
  • ミニモーターヘッド
  • 隙間ノズル
  • コンビネーションノズル

通常使用するモーターヘッド以外に、ノズルが3つついてきます。

隙間(洗濯機の乾燥フィルタとか)を掃除したり、布団を掃除するときに使ったりしています。

別売りで「フトンツール」とか「延長ホース」とかが売られていますが、今のところ必要性は感じていません(おそらく今後も購入することは無いと思います)。

モーターヘッドはフローリング対応のソフトローラー【口コミ・評判】

モーターヘッドはこういうやつです。フローリングの掃除に対応したソフトローラーになります。

 

このように左右に曲がるので結構使い勝手がいいです。

特に掃除機を手にもって直進し、左右に方向転換する操作(手首を左右に返して)が滑らかにでき、良い感じです!

 

ヘッドの裏側を拡大すると、このようになっています 。

この部分でしっかりとごみを絡め取ってくれます。

髪の毛やペットの毛などが全く絡まないので、普段のお手入れが超楽です!(← この点は個人的にポイント高いです!)

ちなみに、カーペットに適したヘッドには「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」が用意されています 。

ダイソンV7購入時にカーペット対応を選択するか、追加でヘッドを購入することも可能です。

このヘッドだけでも結構な値段するんですよね。

我が家はカーペットもありますし犬も飼ってます。が、フローリング対応のヘッドのみで特に不満なく使えてます!

 

さてさて、モータヘッドはこのように簡単に分解可能。

日頃のお手入れも楽です。

実際使ってみて、ここまで分解して掃除するのは数か月に1度くらいかな。

ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF
Dyson(ダイソン)

付属ノズルは3点|この3点で十分使える!

3つの付属ノズルがあります

付属ノズルの種類

  • ミニモーターヘッド
  • 隙間ノズル
  • コンビネーションノズル

普段の掃除もこの3つのヘッドがあれば十分です。

それぞれの付属品を紹介していきます。

付属ノズル:ミニモーターヘッド

こんなやつです。

先ほどのソフトモーターヘッドとは異なり、ブラシのようなものがついています。

この形状や髪の毛などが絡みやすくお手入れが面倒です。

わたしは布団掃除用としてこのヘッドを使っています。

十分にしっかり掃除してくれるので、別売りの布団用ノズルを購入する必要性は今のところ感じていません。

付属ノズル:隙間ノズル

こちらが隙間ノズル。

付属ノズルでは、通常のヘッドの次に一番使用率の高いノズルです。

先が細くなって色んな所に使えるノズル!

毎朝、洗濯機の乾燥フィルタについたホコリを吸い取るのに活躍しています。

また、自宅の給排気口の掃除など、使用場面はいろいろです。

付属ノズル:コンビネーションノズル

コンビネーションノズルはこういうやつです。

先についた毛を出したりひっこめたり、利用シーン毎に切り替えて使えます。

我が家では布団を掃除する時につかってます。

敷布団を掃除機かけたいなという時に大活躍。

さすがに普段つかっているヘッドを布団に使うには衛生的にイヤなので、これを布団専用ノズルにしてます。

吸引力抜群なのでいい感じです!

 

さて、ダイソンV7を実際に使ってみて感じた点も紹介していきます。

ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF
Dyson(ダイソン)

トリガースイッチが軽くて手が疲れにくい

コードレス掃除機を毎日使うにあたって、1番、2番目くらいに重要なポイントかもしれません!

ダイソンのコードレス掃除機は、トリガスイッチを押している間だけゴミを吸ってくれます。

そのため、このトリガースイッチが重いと手がスゴイ疲れます。

 

ダイソンV7ならトリガスイッチが軽く手が疲れにくい。

前使っていたダイソンに比べてもかなりスイッチが軽くなり(古いから仕方ないですが)、うちの妻も大満足の様子でした!

ゴミが捨てやすい

ダイソンV7は、↑こちらの写真のように、本体上部を上に引っ張ってあげることで、本体下部のゴミが溜まっている部分の蓋がオープンする構造になっています。

ゴミ箱の上などで、本体上部を引っ張ってあげるだけでゴミ捨てが可能です。

日常的なメンテも楽なのが嬉しい

普段のお手入れとしては2か所のフィルタ掃除をすればOK!

↑このような本体上部にはまっているフィルタと、もう一か所本体の後ろ(写真の青い部分)についているフィルタを掃除する程度です。

普段は、ぱっぱっとホコリなどをとってあげるくらい。

たまに水で流して乾燥し掃除すればOK!

普段のお手入れが楽な点もGoodです。

立てかけて充電できる

ダイソンにコードレス掃除機には、充電用ステーがついています(こういうやつです)

これを使うと、↓このように付属ノズルも収納できてます。

使い終わったらカポッとはめて充電も可能。

充電用ステーをどこかにねじなどで固定してやれば、そこがダイソンの充電スタンドになってしまいます。

ちなみに我が家では、↓こんな感じにリビングダイニングにある小さい物入れスペース内の壁に立てかけるだけにしています(充電ステーは未使用)。

ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF
Dyson(ダイソン)

【個人的評価】ダイソンV7・V8・V10ってどれが良いのか?

現在のダイソンの主力コードレス掃除機は3種類!

現在、ダイソンのハンディ掃除機としてメインで販売されているのが以下の4モデルになります。

  • ダイソンV7 Fluffy
  • ダイソンV8 Fluffy
  • ダイソンV10 Fluffy
  • ダイソンV11 Fluffy

私も購入する時はとても悩みました。

機能も違う。もちろんそれに伴って値段も変わってきます。

ダイソンの掃除機って結構な値段なのでかなり慎重に吟味して購入を検討しました。

 

というわけで、3つのモデルでどれを購入しようか迷っている方向けに、おすすめポイントを軽くまとめます。

結論言ってしまうと、おすすめはやっぱりV7。

値段と機能面からも一番おすすめです。

ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF
Dyson(ダイソン)

ダイソンV7・V8・V10のスペック比較

スペック比較表

主要スペックについて3機種の比較表としてまとめました。

赤色マーカーが1番優れている機種
青マーカーが2番目に優れている機種

としてまとめています。モデル名をクリックするとAmazonの商品ページを確認することができます。

現在のダイソンハンディ掃除機の最新機種は「V11」です。

しかし、V11は値段が高すぎるので本比較からは除外してます。

※正直、V11を買うならV7を2個とか買った方がいい!1階と2階にそれぞれ置いたりね。

それではV7、V8、V10の比較です。

ダイソン V10 Fluffyダイソン V8 Fluffyダイソン V7 Fluffy
発売時期2018年3月2016年5月2017年5月
価格高い中間安い
最長使用時間(※)約60分(40分)約40分(30分)約30分(20分)
重さ2.58kg2.61kg2.47kg
充電時間約3.5時間約5時間約3.5時間
吸引力(通常モード)
吸引力(強モード)

※モーター駆動のヘッドを使用した時の最長使用時間。

発売価格について

現在のダイソンコードレス掃除機の最新モデルは「V11」です。超高いやつ(汗)

その次が「ダイソン V10 Fluffy」というモデルです。

そして次が「ダイソン V7 Fluffy」。モデル名的に「V8」と勘違いしやすいですが、実はV7の方が新しいです。

V7は、V8より若干スペックを抑えて発売されたモデルになります。

※「Slim」も発売されています。従来のV7やV8よりも一回りコンパクトになったやつです!

重要視したい使用可能時間!

とても重要な「最長使用時間」。

比較表の表示は通常モードでの使用時の時間です。

ダイソンコードレスには吸引モードが「2つ or 3つ」あり、そのモードによって使用可能時間が大きく変わってきます。

※吸引力の強いモードならたくさんパワー使うので使用可能時間が短くなるのが理解できると思います。

 

そして比較表で注意して欲しいのが、記載してある最長使用時間。

これはモーター駆動ヘッド未使用時の時間になります。

つまり付属のヘッド(↓こういうやつ)を付けると、もう少し使用可能時間は短くなります。

ヘッド使用時の使用可能時間はかっこ表示したものです。

通常自宅などで使用するときは、この付属のヘッドを使用するのでかっこ表示した時間で見ておいた方が良いです。

ちなみにモーター駆動ヘッドじゃないものは、付属ノズル(こういうやつ↓一番左はモーターヘッドなので除く)を使った時のことを指します。

この付属ノズルしか使わないよって方は素直に最長の時間で見ればOKです。

ヘッド使用時だと、最長使用時間は以下のようになります。

連続使用可能時間

  • V10 : 40分
  • V8 : 30分
  • V7 : 20分

どうですか?V7の20分って短いようにも感じますよね。

この長い短いは掃除の仕方によって変わると思います。

 

私は今V7を使っていますが20分で十分足りてます。

※使用中に充電が切れたというのは今のところ経験ありません。

 

このコードレス掃除機で自宅(2階建て4LDK)を一通り掃除することもありますがそれでも20分で足りている感じです。

ダイソンのコードレス掃除機の場合、トリガースイッチを押している時だけ掃除機が動きます。

つまり常に掃除機が動いているわけじゃないので意外と電池持ちが良いんですよね。

使用頻度によっては充電時間も重視しておきたい

以下のようにV8のみ充電時間5時間です。

充電時間

  • V10 :3.5時間
  • V8 : 5時間
  • V7 : 3.5時間

朝昼晩と頻繁に掃除機をフルで活用したい場合などには、フル充電に5時間かかっていたのではちょっと長いですね。

 

例えば、土日などに午前中部屋の掃除をし、午後は車の掃除で掃除機を使用したい。

そんな場合は、5時間って微妙なところですね。

AM8時までに部屋掃除をして、その5時間後のPM1時から車の掃除、これくらいならいけますが。

 

全部午前中のうちに終わらせたい!というような場合は、この充電時間の長さはちょっと都合が悪いですね。

吸引力を重視するならV10!

稼働モードを通常モードにした場合、その吸引力は「V10 = V8 > V7」という順位になります。

また、吸引力の強い強モードの場合は、その吸引力は「V10 > V8 > V7」。

 

いずれも吸引力の強さでみるならV10が優勢

3モデルの中ではV7は一番吸引力が劣ります。

※ただ実際V7を使っていますが、吸引力に特に不満を感じたことは一度もありませんけどね。自宅内の掃除ではV7でも十分な吸引力です!

【どれを選ぶ】価格で見るならV7・総合的にみるならV7orV10・性能でみるならV10

価格でみるならV7

私が「V7」を購入した2018年2月頃はAmazonで「¥45,000」くらいでした。

それが、2019年2月時点ではAmazonで「¥30,000」くらいです!

管理人やす
めちゃくちゃ安くなってるー!

約3万円でこの性能なら間違いなく「V7」がおすすめ。

 

「とくかく一番いいやつが欲しい!」という方には向かないかもしれませんが、価格と性能のバランスを考えて購入したいという方にはV7をおすすめします。

ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF
Dyson(ダイソン)

総合的にみるならV7またはV10

V10には、V7・V8より優れている点が多々あります!

 

V10は使用可能時間も長く、吸引力も他モデルより高い。

さらに、ゴミ捨て方法が従来のV7・V8と変わりより捨てやすい機構となっています(←個人的にはこれが結構気になっているポイント)。

V7とV8は本体下部が開いてゴミを捨てる形でしたが、V10では本体の先端が開く形(↓写真参照)となっており、より手を汚さずゴミ捨て可能な感じです。

※まぁ実際使っていると「ゴミ捨ての機構ってあまり関係ないなぁ~」とも感じてますが。

 

というように、総合的にみて性能の優れた「V10」を選ぶ、または価格が安い「V7」を選ぶ、のどちらかがおすすめです。

 

「う~ん、どっちか選べない!」という人にはV7をおすすめしたいかな。

ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF
Dyson(ダイソン)

性能でみるならV10

性能重視なら間違いなくV10ですね。

実際V10はとても人気の機種となっていますし!

 

吸引力・充電時間・使用可能時間など、どれをとっても優れています!

 

V7との価格差は、現時点では約1万5千円。

※2年前の2018年2月頃は価格差1万円程度でしたが、V7の価格がかなり下がってきたため価格差も開いてきました。

ダイソン Dyson V10 サイクロンスティッククリーナー Fluffy SV12FF SV12 FF コードレス
Dyson(ダイソン)

まとめ

まとめです!

  • ダイソンのコードレス掃除機は最高!
  • 価格でみるなら「V7」
  • 総合的にみるなら「V7」または「V10」で迷うところ!→私なら「V7」
  • 性能でみるなら「V10」

と言う感じですね。

 

私は現在V7を使用していますが、初めてダイソン掃除機を使う!という方は絶対に満足すると思います。

また、今使っている古いダイソン掃除機の買い替えを検討している、と言う方にも満足してもらえる機種かなと感じています。

 

「もっと早く買い換えればよかったー!」なんて思うこと間違いなしです(← わたしの事です)!

ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF
Dyson(ダイソン)

人気の記事はこちら!

おすすめ記事!

デオエース 1

どうも脇汗気にしまくりの著者です。   今回は、脇汗や臭い(ワキガも含む)が気になっている方におすすめのやつ紹介します。 お風呂上りに一度塗れば翌日、1日中、脇汗止まる&臭いが気にならない、 ...

カローラツーリング 2

管理人やす初めて残価設定ローンで新車を購入しました! 「残価設定」について色々調べているとあまりよくない情報ばかりでてきます。 私自身も最初は、残価設定に対しては悪いイメージしかありませんでした…。 ...

auでiPhone11に機種変更 3

どうも、auユーザーです! 10月に新iPhone発売された! 現在使っている機種がそろそろ2年経過 ということで、新型iPhoneへ機種変更を検討中。   その際に、機種変更に使えるお得な ...

4

我が家では2ヵ月程前から「ネットスーパー」を利用し始めました。 これがとても便利で、夫婦共働きの我が家にはとても良いサービスでしたので、本記事で詳しく紹介したいと思います。 こんな方におすすめ 夫婦共 ...

5

特に夏の暑い時期におすすめの「ミント系」のシャンプー! 本記事では我が家で愛用している、超爽快のミントシャンプー「ミントベル(Mintvell)」を紹介していきます。 【爽快感 最高!】ミント系のシャ ...

6

とても人気のあるロジクール(Logicool)のトラックボールマウス。 そのトラックボールマウスの最高峰モデル「MX ERGO」を購入したので紹介していきます。 今回購入したロジクール最高峰トラックボ ...

-子育て, 家事, 掃除, 生活

© 2020 いやまいったね!