子育て 家事 掃除 生活

【良かった】ダイソンV7を購入して半年経過したのでレビュー!V7とV8とV10はどれが良いかも考えてみた!

投稿日:

ダイソンV7を購入しました!

現在使用して半年ほど経過しましたが、ダイソンV7 最高です。

V7を購入する前は、6年くらい前のダイソンコードレス(型番忘れるほど古いやつ)を使ってました。その時が初めてのダイソンで、ダイソンのコードレス掃除機すげー!と感動したのを覚えています。

というわけで、ダイソン以外の選択肢はないのでV7を購入したというわけです。

今かなり古いダイソン使っているけど、新しいダイソンに買い換えようか悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

それでは紹介していきます。


ダイソン掃除機コードレスV7 Fluffyを購入!

ダイソン掃除機コードレスV7 Fluffy

↓ 今回購入したのがこちら

今回購入したのは、フローリングに対応した「ソフトローラーヘッド」を搭載したものになります。

ダイソン掃除機コードレスV7 Fluffyを開封!

今回はAmazonで購入。ダイソンV7が到着しました!ダンボールはでかいです。

ダイソンV7の内容物

 icon-comments-o ダイソンV7の同梱物

  • 保証書等
  • 本体
  • モーターヘッド
  • ミニモーターヘッド
  • 隙間ノズル
  • コンビネーションノズル

通常使用するモーターヘッド以外に、ノズルが3つついてきます。

隙間(洗濯機の乾燥フィルタとか)を掃除したり、布団を掃除するときに使ったりしています。

別売りで「フトンツール」とか「延長ホース」とかが売られていますが、今のところ必要性は感じていません(おそらく今後も購入することは無いと思います)。

モーターヘッドはフローリング対応のソフトローラー

モーターヘッドはこういうやつです↓ フローリングの掃除に対応したソフトローラーになります。

↓ このように左右に曲がるので結構使い勝手がいいです。特に掃除機を手にもって直進し、左右に方向転換する操作(手首を左右に返して)が滑らかにでき、良い感じです!

ヘッドの裏側を拡大すると、このようになっています ↓

この部分でしっかりとごみを絡め取ってくれます。髪の毛やペットの毛などが全く絡まないので、普段のお手入れが超楽です!(← この点は個人的にポイント高いです!)

ちなみに、カーペットに適したヘッドには「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」が用意されています ↓ ダイソンV7購入時にカーペット対応を選択するか、追加でヘッドを購入することも可能です。

モータヘッドはこのように↓簡単に分解できるので日頃のお手入れも楽です。

付属ノズルは3点|この3点で十分使える!

3つの付属ノズルがあります

 icon-comments-o 付属ノズル

  • ミニモーターヘッド
  • 隙間ノズル
  • コンビネーションノズル

付属ノズル:ミニモーターヘッド

↓ こんなやつです

先ほどのソフトモーターヘッドとは異なり、ブラシのようなものがついています。この形状や髪の毛などが絡みやすくお手入れが面倒です。

わたしは布団掃除用としてこのヘッドを使っています。十分しっかり掃除してくれるので、別売りの布団用ノズルを購入する必要性は今のところ感じていません。

付属ノズル:隙間ノズル

こちらが隙間ノズル↓ 付属ノズルでは一番使用率の高いノズルです。

先が細くなっており色んな所に使えるノズルですね!毎朝、洗濯機の乾燥フィルタについたホコリを吸い取るのに活躍しています。また、自宅の給排気口の掃除など、使用場面はいろいろです。

付属ノズル:コンビネーションノズル

↓ コンビネーションノズルはこういうやつです。

先についた毛を出したりひっこめたり、利用シーン毎に切り替えて使えます。ちなみに我が家では今のところほとんど使っていません。

トリガースイッチが軽くて手が疲れにくい

たぶんコードレス掃除機を毎日使うにあたって、1番、2番目くらいに重要なポイントかもしれません!

ダイソンのコードレス掃除機は、トリガスイッチを押している間だけゴミを吸ってくれます。

そのため、このトリガースイッチが重いと手がスゴイ疲れます

ダイソンV7ならトリガスイッチが軽く手が疲れにくいです。前使っていたダイソンに比べてもかなりスイッチが軽くなり、うちの妻も大満足の様子でした!

ゴミが捨てやすい

ダイソンV7は、↑こちらの写真のように、本体上部を上に引っ張ってあげることで、本体下部のゴミが溜まっている部分の蓋がオープンする構造になっています。

ゴミ箱の上などで、本体上部を引っ張ってあげるだけでゴミ捨てが可能です。楽です!手が汚れることなくゴミが捨てられるのは非常にうれしいですね。

日常的なメンテも楽

普段のお手入れとしては、↑このような本体上部にはまっているフィルタと、もう一か所本体の後ろ(写真の青い部分)についているフィルタを掃除する程度です。

普段はぱっぱっとホコリなどをとってあげるくらいで、たまに水で流して乾燥し掃除すればOK!普段のお手入れが楽な点もGoodです。

立てかけて充電できる

ダイソンにコードレス掃除機には、充電用ステーがついています(↓こういうやつです)

これを使うと、↓このように付属ノズルも収納できて、使い終わったらカポッとはめて充電もできます。充電用ステーをどこかにねじなどで固定してやれば、そこがダイソンの充電スタンドになってしまいます。

ちなみに我が家では、↓こんな感じにリビングダイニングにある小さい物入れスペース内の壁に立てかけるだけにしています(充電ステーは未使用)。

ダイソンV7・V8・V10ってどれが良いのか?

現在のダイソンの主力コードレス掃除機は3種類!

現在、ダイソンのハンディ掃除機としてメインで販売されているのが以下の3つのモデルになります。

  • ダイソンV7 Fluffy
  • ダイソンV8 Fluffy
  • ダイソンV10 Fluffy

私も購入する時はとても悩みました。機能も違いますし、もちろんそれに伴って値段も変わってきます。ダイソンの掃除機って結構な値段なのでかなり慎重に吟味して購入を検討しました。

というわけで、3つのモデルでどれを購入しようか迷っている方向けに、おすすめポイントを軽くまとめます。

ダイソンV7・V8・V10のスペック比較

スペック比較表

主要スペックについて3機種の比較表としてまとめました。

赤色マーカーが1番優れている機種
青マーカーが2番目に優れている機種

としてまとめています。モデル名をクリックするとAmazonの商品ページを確認することができます。

ダイソン V10 Fluffyダイソン V8 Fluffyダイソン V7 Fluffy
発売時期2018年3月2016年5月2017年5月
価格高い安い中間
最長使用時間(※)約60分(40分)約40分(30分)約30分(20分)
重さ2.58kg2.61kg2.47kg
充電時間約3.5時間約5時間約3.5時間
吸引力(通常モード)
吸引力(強モード)

※モーター駆動のヘッドを使用した時の最長使用時間。

発売時期や価格について

発売時期に関してですが、現在のダイソンコードレス掃除機の最新モデルは「ダイソン V10 Fluffy」というモデルです。

そして次が「ダイソン V7 Fluffy」。モデル名的に「V8」と勘違いしやすいですが、実はV7の方が新しいです。V8のより若干スペックを抑えて発売されたモデルになります。

V10発売前までは、V7よりV8の方か価格は高かったと記憶していますが、現状はV7の方が価格は高いようですね。スペック的にはV8の方が良いですが発売年数なども考えるとこのような価格設定なるのかな?

重要視したい使用可能時間!

とても重要な「最長使用時間」。比較表の表示は通常モードでの使用時の時間です。

ダイソンコードレスには吸引モードが「2つ or 3つ」あり、そのモードによって使用可能時間が大きく変わってきます(吸引力の強いモードならたくさんパワー使うので使用可能時間が短くなるのが理解できると思います)。

そして比較表で注意して欲しいのが、記載してある最長使用時間ですがこれはモーター駆動ヘッド未使用時の時間になります。

つまり付属のヘッド(↓こういうやつ)を付けると、もう少し使用可能時間は短くなります。ヘッド使用時の使用可能時間はかっこ表示したものです。通常自宅などで使用するときは、この付属のヘッドを使用するのでかっこ表示した時間で見ておいた方が良いです。

ちなみにモーター駆動ヘッドじゃないものは、付属ノズル(こういうやつ↓一番左はモーターヘッドなので除く)を使った時のことを指します。この付属ノズルしか使わないよって方は素直に最長の時間で見ればOKです。

ヘッド使用時だと、最長使用時間は以下のようになります。

  • V10 :40分
  • V8:30分
  • V7:20分

どうですか?V7の20分って短いようにも感じますよね。この長い短いは掃除の仕方によって変わると思います。

ちなみに私は今V7を使っていますが、使用中に充電が切れたというのは今のところ経験ありません(20分で十分足りている)。

このコードレス掃除機で自宅(2階建て4LDK)を一通り掃除することもありますがそれでも20分で足りている感じです。ダイソンのコードレス掃除機の場合、トリガースイッチを押している時だけ掃除機が動きます。つまり常に掃除機が動いているわけじゃないので、意外と電池ってもつんですよね。

使用頻度によっては充電時間も重視しておきたい

以下のようにV8のみ充電時間5時間です。

  • V10 :3.5時間
  • V8:5時間
  • V7:3.5時間

朝昼晩と頻繁に掃除機をフルで活用したい場合などには、フル充電に5時間かかっていたのではちょっと長いですね。

例えば、土日などに午前中部屋の掃除をがっつりやって、午後は車の掃除で掃除機を使用したい、というような場合は5時間って微妙なところですね。AM8時までに部屋掃除をしてその5時間後のPM1時から車の掃除、これくらいならいけますが。全部午前中のうちに終わらせたい!というような場合は、この充電時間の長さはちょっと都合が悪いですね。

※個人てきには、いまの使い方的にはそれほど充電時間の長さは重要ではないと感じています(まぁV7使っているので3.5時間ですが)。

吸引力を重視するならV10!

稼働モードを通常モードにした場合、その吸引力は「V10 = V8 > V7」という順位になります。

また、吸引力の強い強モードの場合は、その吸引力は「V10 > V8 > V7」。

いずれも吸引力の強さでみるならV10が優勢!3モデルの中ではV7は一番吸引力が劣ります。

※ただ実際V7を使っていますが、吸引力に特に不満を感じたことは一度もありませんけどね。自宅内の掃除ではV7でも十分な吸引力です!

【どれを選ぶ】価格で見るならV8・総合的にみるならV7orV10・性能でみるならV10

価格でみるならV8!

現時点でV7とV10の価格差は約1万円です。

この価格差を高いとみるか安いとみるかは、購入者のお財布状況によるかと思います。

とにかく価格を安く抑えたい!と言う方はV8がオススメです。充電時間が5時間で長いというのはありますが、吸引力hV7より高く性能的にはばっちりです。値段も3モデルの中で一番安いですしね!

総合的にみるならV7またはV10

個人的には今買うなら「V10」です!わたしがV7した時にはV10は未発売でしたので選択の余地がありませんでした。

V10は使用可能時間も長く、吸引力も他モデルより高い。さらに、ゴミ捨て方法が従来のV7・V8と変わりより捨てやすい機構となっています(←個人的にはこれが結構気になっているポイント)。V7とV8は本体下部が開いてゴミを捨てる形でしたが、V10では本体の先端が開く形(↓写真参照)となっており、より手を汚さずゴミ捨て可能な感じです。

性能でみるならV10

間違いなくV10ですね。実際V10はとても人気の機種となっています。

吸引力・充電時間・使用可能時間などどれをとっても優れています!V7との価格差が現時点では約1万円とそれほど高くもありませんしね!

まとめ

  • ダイソンのコードレス掃除機は最高!
  • 価格でみるならV8を購入したい!
  • 総合的にみるならV7またはV10で迷うところ!
  • 性能でみるならV10を購入したい!

と言う感じですね。初めてダイソン掃除機という方は絶対に満足すると思います。

また今古いダイソン掃除機使っていて買い替えを検討している、と言う方は是非この機会に!「もっと早く買い換えればよかったー!」なんて思うこと間違いなしです(← わたしの事です)!


人気の記事はこちら!

おすすめ記事!

1

我が家では2ヵ月程前から「ネットスーパー」を利用し始めました。 これがとても便利で、夫婦共働きの我が家にはとても良いサービスでしたので、本記事で詳しく紹介したいと思います。 こんな方におすすめ 夫婦共 ...

2

2018年7月発売のMacBookProを購入しました! これまでWindowsパソコンしか使用したことがない私。初Macです! MacBook Pro購入にあたり、CPUとかメモリとかSSDの容量は ...

3

特に夏の暑い時期におすすめの「ミント系」のシャンプー! 本記事では我が家で愛用している、超爽快のミントシャンプー「ミントベル(Mintvell)」を紹介していきます。 【爽快感 最高!】ミント系のシャ ...

4

とても人気のあるロジクール(Logicool)のトラックボールマウス。 そのトラックボールマウスの最高峰モデル「MX ERGO」を購入したので紹介していきます。 今回購入したロジクール最高峰トラックボ ...

-子育て, 家事, 掃除, 生活

Copyright© いやまいったね! , 2019 All Rights Reserved.