いやまいったね!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやまいったね!

2人の娘を持つ30代パパがお送りするブログ。iPhone関連記事が多め。スマホ機種変更に関する情報や、iPhone便利機能、iPhone・Androidのオススメアプリの紹介など。たまに子育てネタも書いています。お問い合わせ・広告依頼などはiyamaittaneblg@gmail.comまでお願いします。

MENU

iTunesを使ってiPhoneの着信音を自作する具体的な手順&方法

iPhone iPhone-便利な使い方

f:id:nikkiblog:20170127212404j:plain

本記事では、パソコンを使ってiPhoneの着信音を自作する方法をご紹介します。

iPhoneの着信音ってデフォルト設定のままの人も多いのでは?だれかのiPhoneが鳴るとみんなで「自分の携帯か?」とスマホの画面を確認する、という光景も良く目にします(?)

せっかくなので、自分の好きなアーティストの曲で着信音をカスタマイズしてみましょう!

スポンサーリンク
 

準備するもの

  • パソコン
  • iPhone
  • 音源(iTunesに取り込み済のもの)

まずは普段iPhoneのバックアップ・同期に使用しているパソコンを用意します。その他には、iPhoneの着信音に設定したい音源を準備します。自分の好きなアーティストの音源(CDなどをパソコンに取り込み済であればOKです)等なんでもOKです。

パソコンを使ってiPhoneの着信音を自作する方法

1. iTunesのインポート設定を「AACエンコーダ」に設定する

まずは、パソコンでiTunesを起動します。メニューバーから「編集」→「設定」を選択します。
f:id:nikkiblog:20170127200657p:plain

すると、「一般環境設定」画面が開きます☟ 「CDをセットした時の動作」項目の「インポート設定」ボタンを押します。
f:id:nikkiblog:20170127200855p:plain

すると「インポート設定」画面が開きますので☟、「インポート方法」から「AACエンコーダ」を選択し、OKボタンを押します。
f:id:nikkiblog:20170127200704p:plain

着信音に設定する音源を決める→着信音に設定する40秒区間を決める

次に着信音にしたい楽曲を決めます。楽曲はiTunes上から好きな曲を選んでください。着信音に設定する曲が決まったら、その楽曲の上で右クリック→「プロパティ」を選択します☟
f:id:nikkiblog:20170127202201p:plain

着信音に設定できるのは曲の中の「40秒間」までという決まりがあります。次にこの40秒間を設定します。

先ほど、選択した曲の上で右クリック→「プロパティ」で☟このような画面が開いたと思います。この中に「開始&停止」という項目があります。ここで時間を設定することで着信音部分に設定したい部分を決めます。
※先ほども書きましたが、着信音に設定できるのは40秒までとなっています(40秒以内であればOK)ので注意してください。f:id:nikkiblog:20170127202803p:plain
開始&停止時間は、実際にiTunesで曲を再生して、自分の好きな区間を見つけてください!開始と停止時間の設定が完了したら、OKボタンを押して画面を閉じます。
注意!▶本記事の着信音作成が完了したら、ここで設定した開始&停止区間を元にもどすのを忘れないでくださいね。そうしないと、iPhoneなどで音楽を聴く時もここで設定した時間内でしか再生されないので。

着信音として設定可能なAACファイルに変換する

次に着信音に設定可能なAACファイルを作成(変換)していきます。

先ほどまでの操作で使用していた楽曲を選択したまま、メニューバーの「ファイル」→「変換」→「AACバージョンを作成」を選び実行します。
f:id:nikkiblog:20170127203501p:plain

するとAACファイルへの変換が実行されます。一瞬でおわります。パソコンの音を出していれば「トゥルン♪」という音で変換完了を知らせてくれます。

それでは変換したファイルを確認してみます。
ライブラリから「最近追加した項目」を選択してみると簡単に確認できると思います。再生時間が「0:40」となっている曲が追加されているのが分かりますね(曲名が同じものが並ぶ場合がありますので、曲の時間で判断するのが分かりやすいです)。これが先ほど作成(変換)したAACファイルです。
f:id:nikkiblog:20170127203925p:plain

拡張子を「m4a」→「m4r」へ変更する

続いて、先ほど作成したAACファイルを着信音として設定するには拡張子を規定のものへ変換する必要があります。

まずは、先ほど作成(変換)したAACファイルのあるフォルダを開きます。先ほどの曲時間「0:40」となっていた曲の上で右クリック→「Windowsエクスプローラで表示」を選択します☟
f:id:nikkiblog:20170127204213p:plain

☟このように「曲名.m4a」というファイルのある場所が開きます。この拡張子を「m4r」へ変更します。m4aファイルを選択して"キーボードのF2"、またはマウスの左ボタンをゆっくり2回クリックするとファイル名が編集可能な状態になります。「曲名.m4a」→「曲名.m4r」と拡張子を変更してあげます。

f:id:nikkiblog:20170127204416p:plain

このフォルダはまだ閉じないでくださいね~。次の項目で使用します。

iTunesの着信音へ作成したm4rファイルを追加する

操作はiTunesへ戻ります。iTunes上で左上のほうにありますメニューから「着信音」を選びます☟
f:id:nikkiblog:20170127204750p:plain

先ほどのm4rファイルを着信音へ追加します。☟以下のように先ほどのm4rファイルを選択したままiTunesの着信音へ移動します(ドラッグ&ドロップ)。
f:id:nikkiblog:20170127205205p:plain

すると、以下のように先ほどのm4rファイルが追加されます☟
f:id:nikkiblog:20170127204851p:plain

あとは、これをiPhoneに入れてあげるだけです(iPhoneと同期する)。☝上の方にあるiPhoneマークを選択します。iPhoneマークが無い人は、パソコンとiPhoneが接続されていない可能性があるので接続を確認してみてください。

着信音を同期する (パソコン→iPhone)

iTunesのiPhoneのメニューから着信音を選択します☟ すると「着信音を同期」という項目が表示されますのでチェックを入れます。

「すべての着信音」「選択した着信音」という項目はどちらでもOKです。好きなほうにチェックを入れます。「選択した着信音」を選択した場合は「着信音」から先ほど作成した着信音を選んでおくことを忘れずに☟
f:id:nikkiblog:20170127205616p:plain

最後に「適用」をクリックして同期を開始します。同期が終わるのを待ち、最後はiPhone側で着信音を設定して完了です(もう少しだ!)。

スポンサーリンク
 

iPhoneで着信音設定をする

最後です。操作はiPhoneにうつります。

iPhoneの設定アプリを開いて、「サウンド」→「着信音」をタップします。すると着信音(右画面)に先ほど追加した曲が選択できるようになっています!この曲をタップして完了です!
f:id:nikkiblog:20170127210525p:plain

おつかれさまでした!