いやまいったね!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやまいったね!

2人の娘を持つ30代パパがお送りするブログ。iPhone関連記事が多め。スマホ機種変更に関する情報や、iPhone便利機能、iPhone・Androidのオススメアプリの紹介など。たまに子育てネタも書いています。お問い合わせ・広告依頼などはiyamaittaneblg@gmail.comまでお願いします。

MENU

日立ドラム式洗濯乾燥機を分解掃除(2回目)。乾燥が終わらない・洗濯機のにおいが気になる。1年でひくほどゴミがたまってた画。

生活 生活-掃除

 

f:id:nikkiblog:20160509001726j:plain

我が家のドラム式洗濯機ですが、最近乾燥をした時に「残り10分」からなかなか終わらない症状が出始めました。おそらく乾燥フィルタの奥にゴミがたんまりと溜まっているんだと思います。というわけで(恒例の?)分解掃除をしました。

その手順を記していきたいと思います。本記事には洗濯機を掃除して出た(汚い)ゴミの写真が掲載されています。そのような写真を見るのが苦手・不愉快という方は閲覧を控えるようお願いします。
※万が一参考にする場合は自己責任でお願いします。洗濯機の分解は故障の原因となる可能性があります。また分解をしたことでメーカー保証を受けられなくなる可能性もありますのでご注意ください。

 スポンサーリンク

 

まじやばい…。乾燥フィルタの奥はゴミの山!!

以前本ブログで投稿したこちらの記事。検索により当ブログ記事にたどり着いた多くの方々に見ていただいています。

ドラム式洗濯乾燥機 乾燥フィルタの奥はゴミの山だった!分解掃除の方法を解説。 ドラム内の黒カビ対策もしっかりと - いやまいったね!

おそらく(下のように)同じような悩みを持つ方が多いのかなと思っています。

  • 洗濯乾燥が終わらない。
  • 乾燥しても完全に乾かない。
  • 「残り10分」の表示が出ているが全く終わらない。
  • 洗濯物の臭いが気になる。

我が家の洗濯機も、以前記事にした時から分解掃除をしていなかったので結構時間がたってしまいました(おそらく1年以上前かな?)。最近になって再び乾燥が終わらない、ちょっと洗濯機の臭いが気になるようになりました。

そこで以前のように再び分解掃除を行いました。いや…、今回もたっぷりゴミがとれました。そりゃ乾燥もなかなか終わらないのも納得です。ちょっとにおいが気になるのも納得です…。

乾燥フィルタ奥を分解掃除

分解の方法は以前の記事にも書いていますが、改めて本記事でも記載していきます。

我が家の洗濯機

もう7~8年前に購入した、全自動洗濯機(乾燥機能付き)です。型番は「日立 BD-V2200」。いまとなってはもうかなり古い機種ですが、今日まで頑張って働いてくれています。まだまだ頑張ってもらいたいものです。

ではでは早速分解掃除をしていきます。(もう保証もなにもないし、いつ壊れてもいいやという判断で分解掃除をしています)

コンセントを抜いて。水道栓をしめる。

まずはコンセントは必ず抜きましょう。そして分解の際、水道のホースも邪魔なのでとります。

f:id:nikkiblog:20160508215600j:plain

洗剤入れ・乾燥フィルタを外す

赤○2か所を外します。ちなみに左側の洗剤入れ(特に裏側)は結構カビたりするので定期的に掃除したほうがよいですよ(といいつつ最近全く掃除していませんでした)今回はカビてはいませんでしたが洗剤・柔軟剤がたれまくってドロドロでした…(写真だとちょっと黄色くなっている)。

f:id:nikkiblog:20160508215750j:plain

ねじを外す→上蓋をはずしていく

赤○部分のねじを外していきます。

f:id:nikkiblog:20150823213439j:plain

後ろにもねじがありますのでここも外していきます。

f:id:nikkiblog:20150823213457j:plain

こんな感じで上蓋を外していきます。マイナスドライバーなどを隙間にいれると撮りやすいです。ツメがあるのでツメを折らないように注意してください。普段掃除できるのは☟こちらに見えている右側の穴から見える範囲です。ここに掃除機のノズルを突っ込んでゴミを吸う程度ですよ。ここの内側はどうなってるんでしょうね…?(もうすぐ衝撃の映像がみれますよ)f:id:nikkiblog:20150823213514j:plain

するとこのように☟乾燥フィルタ部分があらわになります。

f:id:nikkiblog:20150823213613j:plain

赤○部分のねじを外すとようやく目的の乾燥フィルタの奥が現れます。

f:id:nikkiblog:20160508221658j:plain

その前に、邪魔になるのでこのケーブルを外していきます。f:id:nikkiblog:20160508221659j:plain

では行きます…。

 

 

 

ゴミの山!恐怖の乾燥フィルタ奥の衝撃の光景

…。どうですか。大量のゴミがこびりついてるんですよ。普段から毎日ダイソン掃除機を突っ込んで掃除はしているものの、全く取れていないようです。

f:id:nikkiblog:20160508221956j:plain

 ささっと、手でゴミをとってそうじするとこんな感じです☟もれだけでもどんだけゴミがたまっていたかお分かりいただけると思います。

f:id:nikkiblog:20160508222112j:plain

この乾燥フィルタの入り口のゴミを集めただけでもこのくらいです。さわり心地は「わたがむ」です。

入り口部分だけでこれです。さらに奥もあるんですよ。

f:id:nikkiblog:20160508222120j:plain

乾燥フィルタのさらに奥を掃除しよう

入り口だけでこんだけのゴミがたまっていました。さらに奥はどうでしょう。

奥を掃除するように即席で掃除棒を作成します。ちょっと長めの棒の先端に使い古しの歯ブラシをテープでぐるぐる巻きにして作りました。

f:id:nikkiblog:20160509000330j:plain

これを穴に突っ込んでゴミを書き出します。本記事に載せるにはあまりにも酷すぎたのでアップ画像の掲載はひかえますが。この奥にもかなりのゴミがたまっています。入り口のゴミは完全に乾いたゴミでしたが、この奥にたまっているごみは湿っていて若干カビ臭い厄介な感じです…。

洗濯機や洗濯物のにおいが気になるという方はもしかしたらここにたまっているゴミの影響という可能性もありますね。

f:id:nikkiblog:20160509000447j:plain

本日の収穫(たまっていたゴミの量)

基本的に衣服のゴミなので特段臭いがきつい・汚い、というのは少な目ですが、こうしてみるとかなりのゴミの量…。こんなゴミが常時こびりついていたら乾燥機かわくものも乾きませんね。

f:id:nikkiblog:20160509000827j:plain

 スポンサーリンク

 

さいごに

今回も分解掃除後の乾燥もバッチリ快適でした。よかったよかった。やはり定期的に掃除の必要はありそうです。

我が家の洗濯機ももう7~8年くらいになりますが、まだまだ頑張ってもらわねば。そのためにも定期的な掃除・メンテは必要そうです。

< 注意! >
本記事は決して分解掃除を推奨するものではありません。※万が一参考にする場合は自己責任でお願いします。洗濯機の分解は故障の原因となる可能性があります。また分解をしたことでメーカー保証を受けられなくなる可能性もありますのでご注意ください。