パソコン

Windows10の強制アップグレード回避&ポップアップ通知を非表示にする方法 【まとめ】勝手にアップデートとか勘弁してよ…

投稿日:2016年5月26日 更新日:

なにかと話題のWindows10への強制アップデート問題。

2016年5月に入ってからはWindows10へのアップデートもなかなか強引な仕様になってきたようです。どうやらOSが勝手にWindows10へのアップグレードをスケジューリングし、予定日になったら勝手にWindows10にアップグレードしちゃうようです。

わたしの周りでもこの罠(?)にはまった人がちらほらいました。

というわけでWindows10への強制アップデートを回避する方法を今一度まとめておきたいと思います。勝手にWindows10にされては困るという方は参考にしてみてください。
(あとWindwos10へアップグレードしませんか?というポップアップ通知を削除する方法も併せて紹介します)

スポンサーリンク

Windows10強制アップデートの予定をキャンセルする方法

突然こんなポップアップ画面が表示された方がいると思います。

画面をみてみると「このPCは次の予定でアップグレードされます」とのことです。まさに強制アップグレードですね。このまま放置していると、記載されている予定日になると勝手にアップグレードされるようです。

というわけでこの予定をキャンセルしましょう。

アップグレードの予定をキャンセル

↓メッセージをよくよむと、「ここをクリックすると…アップグレードの予定をキャンセルできます」と書いてあります。メッセージに従って「ここ」をクリックします。

すると画面が変わり「アップグレードの予定を取り消す」という表示があるのでここをクリックします。さらに画面が変わり「アップグレードの予定を取り消す」をクリックします。これでOKです!(下画面参照)

とりあえずこれで勝手にスケジューリングされていたWindows10へのアップグレード作戦はキャンセルできました。

キャンセル後はこのような表示にかわりました↓

自動でアップグレード予約されるのを回避する

無事Windows10へのアップグレード予定はキャンセルできましたが、また同じように勝手にアップグレード予約されては困るので、予約されないように設定しておきましょう。

「コントロールパネル」 → 「Windows Update」と進んでいきます。Windows Update画面の左メニューから「設定の変更」をクリックします。

重要なプログラムの設定を「推奨」以外に設定しておきましょう。

次に記載する対応も併せて行っていきます。

「Windows10へアップグレードしませんか通知」を消す方法

これまでの対応をしても画面右下にはWindows10へのアップグレードを促す通知がまだ生きたままです。この邪魔な通知も消してしまいましょう。

このままではまだうざったいWindows10へアップグレードしませんか?という通知は消えません。Windows10へアップグレードする気はないのでこの通知も消しましょう。

タスクマネージャーで「GWX.exe」を終了する

タスクマネージャーを開きます。プロセスから「GWX.exe」を選択しプロセスを終了します。

とりあえずこれで画面右下からアイコン自体は消えました。

「KB3035583」をアンインストール

まずは「コントロールパネル」→「Windows Update」を表示します。Windows Upadate画面の左メニューから「インストールされた更新プログラム」をクリックします。

次に、Windows10へのアップグレートを促す通知をしてくるプログラムをアンインストールしていきます。

下画面のように、プログラムの一覧が表示された画面において画面右上の検索窓に「KB3035583」と入力し、対象とするプログラムを検索します。

すると↑上画面のように、KB3035583のプログラムだけが表示されます。このプログラムの上で右クリック→アンインストールを実行してやりましょう(下画面参照)

あとはメッセージに従ってすすんでいきます。

一瞬でアンインストールは完了しました。とりあえずここでは「後で再起動する」を選択。

KB3035583のプログラムを非表示にする

問題となったプログラムはアンインストールはしましたが、またWindowsUpdateで通知されてしまいます。知らずにWindowsUpdate実行→またWindows10へのアップグレード通知が復活、という流れになってしまいますので、このプログラムを非表示にしてあげます。

WindowsUpdate画面の左メニューから「更新プログラムの確認」をクリックします。

ちょっと時間がかかると思いますが、先ほどアンインストールした「KB3035583」プログラムが現れます。「右クリック」→「更新プログラムの非表示」を選択してあげましょう。

すると以下のようにグレイアウトした表示にかわります。これで完了です。

あとは一度再起動してあげましょう。お疲れ様でした。

やっぱり再度表示したい場合

これまでの操作で「KB3035583」をアンインストール・非表示にしてあげましたが、あとあとになってやっぱり表示したいという場合もでてくるかもしれません。そんな時は以下の手順で再表示可能です。

WindowsUpdate画面の左メニューから「非表示の更新プログラムの再表示」を選択します。

↑再表示したいプログラムにチェックを入れて、画面右下の「再表示」ボタンをクリック。これでOKです!

スポンサーリンク

まとめ

以上がWindows10への強制アップグレードをキャンセルする方法&アップデート通知を非表示にする方法でした。

「Windows10がWindowsの最後バージョンになる」なんてMicrosoftが明言したりしていましたのでゆくゆくはWindows10へ移行となっていくんでしょうね。

ただ今すぐWindows10にしかも勝手にされちゃ困る!という声も多いでしょう。わたしは自宅のパソコンは早々にWindows10に無償アップグレードしましたが、仕事で使うパソコンに関してはいろいろとありWindows7でないと非常に困る、という感じです。

とりあえず本記事の方法で勝手にアップグレードされる問題は回避できたので一安心です。

コスパ良し!わたしも使ってる、¥4,980で買えるタブレットが超おすすめです。↓

関連コンテンツ

アドセンス パソコン


スポンサーリンク

おすすめ記事!

1

2017.2.28 更新:新作ゲーム追加 時間つぶしはもちろん、がっつり本格的にやりたい人にもおすすめのゲームアプリをランキング形式で紹介していきます。 ここで紹介するアプリは全て無料でダウンロード& ...

2

スマホ内の画像を整理していたら、酵素ダイエット(ファスティング:酵素断食)に挑戦した時の写真が出てきたので、私が経験した酵素ダイエット(断食)についてレポートしようと思います。(もう2年以上前の話です ...

3

更新:ドライヤーについて現役美容師さんの声&実際に私が体験した感想を追加 8月31日放送の「モシモノふたり」ではるな愛さんが使用していたドライヤー&フラッシュ脱毛器が気になったので調べてみました! お ...

-パソコン

Copyright© いやまいったね! , 2017 AllRights Reserved.