料理 生活

美味しい「いくらの醤油漬け」の作り方! "お寿司屋さんに教わった"という方法で作ってみました。

投稿日:2015年9月19日 更新日:

9月にはいり急に肌寒くなり、すっかり秋めいてきました。

この季節スーパー等に並び始めるのが「生筋子」!今年もやってきました。スーパーで生筋子を買ってきて大量のいくらを作り、お腹一杯「いくら丼」を頬張るのがこの時期の楽しみです。

以前、読者登録させてもらっている方のブログでお見かけした記事「お寿司屋さんに教わりました いくらの醤油漬け」をわたしも試してみました。

さすがお寿司屋さん直伝!プチプチいくらができ超絶ウマかったですよ!

簡単ではありますが、作った様子を記しておきたいとおもいます。

スポンサーリンク

材料

  • 筋子
  • 60℃のお湯 (温度計があるとイイです)
  • 日本酒
  • 醤油
  • 味醂

今回使用したいくらは内容量175g。100gあたり580円!!たけぇーーー。

けどお店で食べるより全然安くすみますね。しかもそこらへんのお安いお店で食べるいくらより家で作った方が全然美味しいですし。この175gのいくらでご飯6杯分くらい食べれました(大量にかけて)。

日本酒はTOPVALUEの100円くらいの清酒でも十分です。 普段日本酒飲まないので、もっとおいしい日本酒を使うとさらに美味しくできるんでしょうね!わたしはこれでも満足でしたが。

作り方

※詳しい作り方は、最下部リンク先の元ネタ記事を是非御覧ください。

60度のお湯を準備

ボールに60度のお湯・塩を入れます。海水より濃いめくらいが良いとのことです。

お湯へ生筋子を投入

60度のお湯の中に生筋子を投入し、箸でやさしくかきまぜます。

生筋子をほぐす

すると筋子の外側の膜が収縮してきます。手を使ってやさしく膜といくらを分けていきます。いくらをつぶさないように注意してください。
下写真のように膜がキレイにとれます!いつも、この膜からイクラを分ける作業が難しくて苦戦(どうしてもいくらをつぶしてしまう…)したのですが、この方法だとほんとうに簡単にキレイにできました!

ちょっとキモイですがこれがとれた膜です。

白い物体を取り除く

「ざるへ移す」⇔「水をはったボールに移す」というのを数回繰り返し、残った白い皮のようなものを除去していきます。(5回くらいやるとキレイにすべて取り除けます) ※この作業は10分以内でやるように、とのことです。

調味料に漬ける

調味料を作り、それに漬けていきます。醤油と日本酒を1:1くらいで混ぜます。わたしは少し味醂も加えました。すこし甘みをつけ子供が食べやすいようにしました。

一晩漬けて完成

一晩冷蔵庫にいれて漬ければ完成です!!

子供はよろこんでたべてました!ご飯もお代わりして大満足の様子でした!

まとめ

今回のポイントは「60°のお湯に入れて膜をとる」です!これだけで簡単にいくらを分けることができます。去年まではこの膜とりがほんとうに大変でしたがこの方法のおかけで楽ちんになりました。

こんなにおいしいのが簡単に家でできるので本当にオススメです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

参考記事!

是非こちらの記事も御覧ください!
「ちまこ通信」さん参考にさせていただきました。おいしい情報ほんとうにありがとうございます(*'▽')

関連コンテンツ

アドセンス パソコン


スポンサーリンク

関連コンテンツ

おすすめ記事!

1

2017.2.28 更新:新作ゲーム追加 時間つぶしはもちろん、がっつり本格的にやりたい人にもおすすめのゲームアプリをランキング形式で紹介していきます。 ここで紹介するアプリは全て無料でダウンロード& ...

2

スマホ内の画像を整理していたら、酵素ダイエット(ファスティング:酵素断食)に挑戦した時の写真が出てきたので、私が経験した酵素ダイエット(断食)についてレポートしようと思います。(もう2年以上前の話です ...

3

更新:ドライヤーについて現役美容師さんの声&実際に私が体験した感想を追加 8月31日放送の「モシモノふたり」ではるな愛さんが使用していたドライヤー&フラッシュ脱毛器が気になったので調べてみました! お ...

-料理, 生活

Copyright© いやまいったね! , 2017 All Rights Reserved.