レビュー 音楽

【Earfun UBOOM】低音が気持ちい!360度Bluetoothスピーカー 室内・室外どちらでも大活躍間違いなし

Earfunスピーカー

Bluetoothスピーカーを紹介します!

※Earfun様よりサンプル提供いただきました。ありがとうございます。

使用する前は、

Earfun?初めて聞くメーカーさんだな?

という感じ。

調べたところ中国のメーカーさんです。

というわけで、大変申し訳ないですが、音質・品質は全然期待はしていませんでした。

 

ところがどっこい。いい意味で期待を裏切ってくれました。

¥5,000程度の防水&Bluetoothスピーカーをおさがしの方には、是非候補に入れて頂きたいスピーカーです!

紹介していきます。


Earfun UBOOM ポータブルBluetoothスピーカーの特徴

Earfun UBOOM の特徴

  1. 360度全方位スピーカー
  2. 完全水没OK!防水(IPX7)
  3. 最長30m離れてもOK!Bluetooth 5.0 対応
  4. 連続16時間再生
  5. 2種類のサウンドモード選択可
  6. 低音強調しすぎ…(笑)
  7. 本体は高級感あり
  8. 24W大音量(うるさい)
  9. 2台接続してステレオ化も可能!
  10. 外部入力(AUX IN)もあるよ
  11. ハンズフリー通話も可能
  12. 18か月の交換保証
  13. Amazon評価 4.5/5.0(221件の評価)
  14. Amazonチョイスに選ばれる商品

こんな特徴がある製品です。

 

商品購入の際は、必ずAmazonの口コミをチェックする私。

このスピーカーの評価は (4.5/5.5)。

しかも、口コミの数も(本記事執筆時点で)221件、となかなかの数の口コミがあります。それでいて4.5なのでかなり口コミは良いですね。

 

実際の使用感の前に、スピーカー本体を写真とともに紹介します。

Earfun UBOOM ポータブルBluetoothスピーカーの外観と付属品

化粧箱

化粧箱はとてもクールな印象。

デザイン性もよくワクワク感が増す見た目です!

Earfunスピーカー

付属品など同梱物

写真に写っているものが付属品含めた全てとなっています。

Earfunスピーカー

同梱物一覧

  • スピーカー本体
  • USB-C 充電ケーブル
  • 説明書類

説明書は多言語対応で、もちおん日本語ページもあるので安心です。

Earfunスピーカー

Earfun UBOOMの大きさ

片手で持てる大きさ。

寸法は「166 × 88 × 88mm」となっていて、背の高さは iPhone11(6.1インチ)より少し高いくらいです。

Earfunスピーカー

重さは585gと結構ずっしりとした重さがあります。いかにもしっかりとした音を鳴らしてくれそうな印象!

持ち手がついてます

写真のように、黄色い持ち手(持ち手っという?なんていうの?笑)がついてます。

Earfunスピーカー

屋外でどこかに吊るしたりするのに便利そうです。

Earfun UBOOMの操作ボタン

スピーカー上面にボタンが配置されています。

Earfunスピーカー

  • 真ん中:電源ボタン。
  • 左右:ボリュームアップ・ダウンボタン
  • 左上:Bluetoothボタン
  • 下:再生停止・通話ボタン
  • 右上:サウンドモード切替ボタン

後ほど説明しますが、サウンドモード切替は結構いいですよ。

外観はブラック一色でクールなイメージ。高級感あり

実際持ってみるとわかりますが、ずっしりとしていて、そして見た目にも高級感が感じられます。

決して安っぽい外観ではなく、ブラック一色でインテリアにも馴染みやすい良い感じのデザインです。

 

Earfunスピーカー

充電はUSB-TypeC。AUX IN(外部入力)端子搭載

充電は付属のUSB-TypeCケーブルを接続して行います。

 

そして、このスピーカーには外部入力端子もついてます。3.5mmのAUX IN 端子。

スマホのイヤホンジャックと接続して、有線で再生することも可能。

また、テレビのイヤホン端子と接続して、テレビの音声をこのスピーカーで鳴らすこともできます!

「テレビの音声きこえづらいんだよね」「もう少しテレビの音質良くならないかな?」なんて人にも使えるスピーカーです。

Earfunスピーカー

ちなみに、この端子部分はキャップが付いていて、水に濡れても大丈夫なつくりになってます。

このキャップ結構しっかりついているので、手で外すのに少してこずりました(深爪のわたしにはちょっと難しい)。

Earfun UBOOM を使ってみた感想

【良い点】迫力のある低音が魅力的

ファーストインプレッションは「低音すご!」でした。

ズンズン低音をきかせてる車とかよく走ってるじゃないですか?そんなイメージ。

かなり低音は強めです。まぁ、低音だけでなく、中音域・低音域が強めという感じでしょうか。

 

人によっては、低音が強すぎと感じることもあると思う程度。

実際わたしも、低音強すぎだな!と感じたひとりです。

 

でも、低音強すぎ問題は、次に記載するサウンドモード切替で解決します。

【良い点】アウトドアモードにすると低音が抑えられる。高音域がはっきり聴こえるように!

Earfunスピーカー

本体の右上にある「山」のようなボタンを押すと、サウンドモードを切り替えることができます。

  • インドアモード
  • アウトドアモード

ボタンを押すごとにモードが切り替わります。

デフォルトだとインドアモード(ランプ点灯しない)となっています。

インドアモードだと、上記のように低音がかなり強めです。

 

これをアウトドアモードに切りかえると、低音が抑えられ高音域がはっきり聴こえるようになります。

個人的には、このアウトドアモードが好きです。

全ての音域がバランス良くなってくれます。

 

わたしは、室内(インドア)で使ってますが、モードはアウトドアにして使っています!

【良い点】【360度スピーカー】室内どこにいてもしっかり聴こえる!

このスピーカーの魅力の1つ。

360度サウンド

普通のスピーカーだと、音が鳴る方向は1方向。もちろんスピーカーの後ろや横にたつと、音が聴こえづらくなります

 

でもこの360度スピーカーならそんな心配不要。

室内のあるところにEarfunスピーカーを配置、室内のどこにいても音楽を楽しめるのがGoodです!

 

我が家は18畳くらいのリビング・ダイニングですが、部屋のどこにいても良音質の音楽を楽しむことができていますね。

部屋の隅でも普通に聞こえます。

料理する時に音楽を聴きたい派なのですが、そんな時にも結構重宝します。

リビングのテーブルにEarfunのスピーカーを置いて、キッチンに移動。いい感じの音質で音楽を楽しめる!

良さげです。

 

いままでは1方向のスピーカーだったので、どうしてもキッチンに移動すると音が聴きづらくなっていました。

そのため、自然と音量を大きくしたりも。

この360度スピーカーだと、同じ音量で部屋のどこにいても楽しめるのが良いね。

というかBluetoothスピーカーなので、簡単に持ち運べるのでそれでも良いかも。

まとめ

360度 Bluetoothスピーカー「Earfun UBOOM」のレビューでした!

Earfun UBOOM

  • 360度どこでもOK!
  • 低音気持ちいい!
  • 防水だよ!
  • アウトドアで大活躍間違いなし!
  • 室内での普段使いでも大活躍

という感じで¥5,000程度の値段でこの音質だったら全然ありだな!というスピーカーでした。

この価格帯の今まで使ったBluetoothスピーカーの中では圧倒的に一番良かったです。

 

ただ、360度Bluetoothスピーカーということで、パソコン専用の高音質スピーカーを探している!とかいう人にはあまり向いてはいないと思います。


人気の記事はこちら!

おすすめ記事!

デオエース 1

どうも脇汗気にしまくりの著者です。   今回は、脇汗や臭い(ワキガも含む)が気になっている方におすすめのやつ紹介します。 お風呂上りに一度塗れば翌日、1日中、脇汗止まる&臭いが気にならない、 ...

カローラツーリング 2

管理人やす初めて残価設定ローンで新車を購入しました! 「残価設定」について色々調べているとあまりよくない情報ばかりでてきます。 私自身も最初は、残価設定に対しては悪いイメージしかありませんでした…。 ...

auでiPhone11に機種変更 3

どうも、auユーザーです! 10月に新iPhone発売された! 現在使っている機種がそろそろ2年経過 ということで、新型iPhoneへ機種変更を検討中。   その際に、機種変更に使えるお得な ...

4

我が家では2ヵ月程前から「ネットスーパー」を利用し始めました。 これがとても便利で、夫婦共働きの我が家にはとても良いサービスでしたので、本記事で詳しく紹介したいと思います。 こんな方におすすめ 夫婦共 ...

5

特に夏の暑い時期におすすめの「ミント系」のシャンプー! 本記事では我が家で愛用している、超爽快のミントシャンプー「ミントベル(Mintvell)」を紹介していきます。 【爽快感 最高!】ミント系のシャ ...

6

とても人気のあるロジクール(Logicool)のトラックボールマウス。 そのトラックボールマウスの最高峰モデル「MX ERGO」を購入したので紹介していきます。 今回購入したロジクール最高峰トラックボ ...

-レビュー, 音楽

© 2020 いやまいったね!