福島 観光

【福島】リカちゃんキャッスルへ行ってきた!写真付きで紹介。チケット価格・営業時間・アクセス・周辺情報など【まとめ】

2018年12月30日

福島県にある「リカちゃんキャッスル」へ、家族で遊びに行ってきました!

我が家には娘が2人いるので、行く前からとても楽しみにしていました。


リカちゃんキャッスルは楽しい?おすすめスポット??

「1回行ったらもういいかな…」というのが正直な感想です。

子供(特に下の子)は「またリカちゃんキャッスルに行きたい!」とは言っていますが、パパ・ママ的にはもういいかなと。

そのあたりの理由も踏まえて、「リカちゃんキャッスル」という場所がどんなところかを紹介していきます。

"福島リカちゃんキャッスル" に行ってみようかな!なんて考えている方は是非参考にしてみてください!

リカちゃんキャッスルの営業時間とアクセス

  icon-pencil リカちゃんキャッスルの所在地と営業時間

所在地:〒963-3401 福島県田村郡小野町小野新町中通51-3

営業時間:10:00~16:00(最終入館は15:30までとなります)

最終入館が15:30とちょっと早いのでお気をつけください。

リカちゃんキャッスルの地図を貼っておきますので参考に。

リカちゃんキャッスルの駐車場

駐車場は広いです!

リカちゃんキャッスルの裏に広い駐車場があります↓ 写真に納まりきらない程広いです。

混んで入れない!なんてことはまぁ無いと思います。安心してください。

※通常の土日などは、おそらくどの時間帯でも大丈夫かなとは思います。GWなどは多少混むかもしれませんが。

キャッスル正面に歩いていくと、チケット売り場が見えてきます。

「リカちゃんキャッスル」チケットの値段は?

料金がそれほど高くないのがうれしいですね!

  icon-pencil チケット価格

大人¥800
2才以上~中学生¥600

※2才未満無料

※団体料金、障害者料金は異なりますので公式ページでチェックしてください。

公式リカちゃんキャッスル公式ホームページをチェックicon-external-link

リカちゃんキャッスル建物の中を紹介!

エントランスではたくさんのリカちゃんパネルがお出迎え!

それでは早速キャッスルにはいって行きましょう!

キャッスル内に入場する、たくさんのリカちゃんが迎えてくれます!

かなり大量の写真を撮影してきましたが全部は載せきれないため、本記事では厳選して写真掲載していきます。

リカちゃんなりきりドレスに着替えよう!

子供から大人まで、リカちゃんになりきれるよ!(女性限定)

ドレスは1種類ですが、様々なサイズが用意されていますので小さい子供から大人まで、なりきりドレスを着用することができます!

このドレスを着用して、キャッスル内を自由に散策することもできます!

お子さんのテンションが上がること間違いなしです!

ただし、このドレス結構汚れていたりするので潔癖さんには無理だと思います…。

ちゃんとクリーニングしてるのかな…と疑う程汚れているものもありました…。子供のテンションアップ↑に反して、私のテンションはダウン↓

運が良ければリカちゃんと写真撮影もできるかも!

ちょうどよくリカちゃんがやってきて記念撮影をすることができました!

これはリカちゃんであってるよね…?

なかなかのインパクトです(笑)

【激レア】ものすごい沢山の種類のリカちゃんを見学できる!

容量的に一部の写真しか載せませんが、ほんとにたくさんのリカちゃん人形がディスプレイされており、きっとマニアの方にはたまらない内容だと思います!

いかにも激レア!みたいなリカちゃんも多数展示されており、リカちゃん全く知らない私でも興味深々で見学できました!

オリジナルリカちゃんを作ろう!【有料】

多分子供が一番楽しみにするのが、ここではないでしょうか!

ここ「リカちゃんキャッスル」だけでのお楽しみ、オリジナルのコーディネートが楽しめるリカちゃん人形作り!

いろんな表情のリカちゃんが用意されており、そこから1体選びます。

さらにドレスや小物を選んで自分だけのオリジナルコーディネートリカちゃんを作ることができます!

私が行ったときは、↓復刻版初代リカちゃんも用意されていました(ちょっと値段は高かったですが)。

※人気・レアアイテム(?)なようで、1人1体限定となっていました。

↓ 人形やドレス・小物を選びお会計を払ったら、売場内にある机に座って遊ぶことが出来ます!

リカちゃん製造現場も見学できます!

※写真撮影はNGだったので、写真掲載はありません。

工場内でリカちゃんを作っている現場を見学することができます。

子供は全然興味無さそうでしたが。

今回遊びに行ったのが土曜日でしたが、この日も工場内でリカちゃんを製造しているスタッフの方が数名いました。実際に作っているところをみれました!

歴代リカちゃんを見学!

初代リカちゃんをはじめとして、ここでもたくさんのリカちゃんがディスプレイされていました。

【気分転換に】子供の遊び場もあります

先ほどのリカちゃん見学など、小さい子供にしてはちょっと退屈かもしれません。

ちょっと飽きちゃったというときの気分転換に、ちょっとした子供の遊び場も用意されています。

リカちゃんキャッスル自体は大きなところでは無いのであまり疲れませんが、子供がぐずった時の逃げ場や、パパ・ママの休憩に活用しましょう!

最後はお待ちかねのお土産売場へ!

お土産売り場には、お菓子などはもちろん、ここでもリカちゃん人形がドレス・小物などが沢山売られています!

↓ 子供たちはお買い物に夢中です。

最後に外で記念撮影!

リカちゃんキャッスルの庭もきれいでおすすめです。

キャッスル内ばかり気を取られがちですが、撮影スポットたくさんなので買える前に記念撮影も良いですよ。

↓ 外のチケット売り場の所には、ちょっとしたお食事スペースも(コーヒーとかソフトクリームが売っていたかな?)。

【注意】リカちゃんキャッスル周辺は何も無い!ごはん食べるところもない!

リカちゃんキャッスルの周辺には、ほとんど何もありません!

とてものんびりとした田舎にあります。

 

リカちゃんキャッスルを楽しんで、「さぁごはんでも食べて帰ろうか!」なんて考えていましたが、いざGoogleMapなどで調べるとお食事処が全然ない!

全く無いことはありませんが、「ちょっと…」と思うようなところしかありませんでした。

※それでもリカちゃんキャッスル帰りの家族連れでお店には客はいましたが。

結局、高速道路に乗ってちかくのサービスエリアでご飯を食べました。

行く方は事前にちゃんと調べたり、事前にごはんを食べてから行くなど、しっかり計画を考えておいた方がよいと思います!

※私のように、現地で「あれ?なにも無いじゃん!」とならないように…。

まとめ:リカちゃんキャッスル楽しいけど2回目はいいかな…

というわけで「リカちゃんキャッスルに行ってきた!」ということで紹介しました!

初めて行く方なら、まぁまぁ楽しめると思います。

オリジナルリカちゃんを作ったり、お土産も豊富なので子供たちも楽しめるはずです。

キャッスル自体はそれほど大きくはありませんが、なんだかんだで滞在時間は2時間程度でした。結構あそんだな!

※でも正直、「2回目はもういいかな」というのが感想です。アミューズメントパーク(乗り物乗ったり)では無く、遊ぶところも殆ど無いので、見学メインといった感じなのでね。

 

↓ 福島県には、スパリゾートハワイアンズという楽しいプールもあります!是非こちらもチェックしてみてください。


人気の記事はこちら!

おすすめ記事!

1

我が家では2ヵ月程前から「ネットスーパー」を利用し始めました。 これがとても便利で、夫婦共働きの我が家にはとても良いサービスでしたので、本記事で詳しく紹介したいと思います。 こんな方におすすめ 夫婦共 ...

2

2018年7月発売のMacBookProを購入しました! これまでWindowsパソコンしか使用したことがない私。初Macです! MacBook Pro購入にあたり、CPUとかメモリとかSSDの容量は ...

3

特に夏の暑い時期におすすめの「ミント系」のシャンプー! 本記事では我が家で愛用している、超爽快のミントシャンプー「ミントベル(Mintvell)」を紹介していきます。 【爽快感 最高!】ミント系のシャ ...

4

とても人気のあるロジクール(Logicool)のトラックボールマウス。 そのトラックボールマウスの最高峰モデル「MX ERGO」を購入したので紹介していきます。 今回購入したロジクール最高峰トラックボ ...

-福島, 観光

Copyright© いやまいったね! , 2019 All Rights Reserved.